入浴に水素水!

マラソン中に水素水を飲む

マラソン中に水素水を飲む

マラソン中に水素水を飲む 健康の為に走っている方が増えている現在では、走るのが楽しくなり大会に出場するまでになる方もいます。
最初は5~10km挑戦しハーフ、そしてフルマラソンへとレベルアップする方も珍しくありません。

フルマラソンを走る際には「30kmの壁」と呼ばれる有名な言葉があります。
後半になるにつれて疲労が蓄積され脚が止まってしまいます。
体内では活性酸素が増えペースが上がらず辛くなるのです。
そこで活躍するのが水素の存在です。
水素はランナーの敵である活性酸素を中和して減少させる作用があり、疲労を軽減させる力があります。
活性酸素が減少すれば、持久力が維持されて、一番辛くなる終盤にもペースダウンするのを防いでくれるのです。
質の良いトレーニングとして水素を普段から取り入れ、出来るだけ毎日継続する様にすれば身体のケアにも繋がり内部から健康的になれます。
マラソン中の水分補給にスポーツ飲料もいですが水素水を摂取する事で、タイムにも大きく関わります。

水素水はいつまで保存できるのか?

水素水はいつまで保存できるのか? 水素水はいつまで保存できるのかについてですが、空気に触れるとすぐに水素が抜けてしまうので、開封したらすぐに飲みきることが重要になります。
開封してそのままの状態で放置してしまうと2~3時間程度で水素の濃度は半分以下になってしまいますので、注意が必要です。
キャップが付いている密閉度の高いアルミ缶やアルミパウチの容器に入っているものに関しては、ペットボトルの容器に入っているものに比べて長く保存することが出来るという特徴があります。
水素水には強力な抗酸化作用があり、老化の大敵となる活性酸素を除去して体が酸化した錆びるのを防ぐ効果が期待できます。
活性酸素は加齢やストレスなどで増加する厄介なもので、乾燥やたるみやしわやシミやくすみなどの加齢による肌の衰えや、糖尿病や高血圧や高脂血症や動脈硬化などの生活習慣病や骨粗鬆症や、代謝や体力や免疫力や筋力の低下や、白髪や薄毛や抜け毛などの原因にもなります。
これらの老化現象を効果的に解消させる飲み物として重宝されていますので、開封後はすぐに飲みきって効果をアップさせましょう。